様々なマーケティングで販売促進効果を上げる

利用金額

ダイレクトメールの金額の傾向

ダイレクトメールは宣伝として非常に効果に期待をする事が出来る方法です。そのため、現在では多くの企業がダイレクトメールを利用した宣伝を行っています。 ダイレクトメールの費用は、基本的に送付する件数によって異なります。件数が多ければ割引サービスを受ける事が出来る会社もありますので、ダイレクトメールの配送を依頼する会社によって大きく費用は異なる傾向にあります。 ダイレクトメールのサイズや重さなどによっても費用が異なります。そのため、金額の傾向としては、軽いもの、小さいサイズのダイレクトメールであれば安い費用で依頼する事が出来る。送付する件数が少ないほど安い費用になるが、件数が一定数を超えた場合には割引サービスを受ける事が出来る傾向にあります。

ダイレクトメールの宣伝について

ダイレクトメールの宣伝が一時期、物凄く流行したことがあります。基本的には信書ではないのです。信書になりますとどうしても郵送になります。ダイレクトメールを郵送で送ることもあるのですが、最近ではポスティングのような形でやっている場合が多いのです。 そのほうがダイレクトメールの配送料が安いからです。最近のダイレクトメールはそうした形で配送されています。もちろん、郵送を使うときもあります。自社の個人情報から送るときもありますし、名簿業者から買って送る場合もあります。 最近では、個人情報の扱いが厳しくなっていますから、情報を買って送ることは少なくなっています。それでもダイレクトメールの効果は高いのでよく行われています。

↑ PAGE TOP