様々なマーケティングで販売促進効果を上げる

視覚に影響を与える

映像制作の外注

メディア業界の多くが制作費の削減に悩まされていることから、映像制作は外注が基本的に行われています。 映像制作会社に外注することによって制作費をコストダウンさせることができることから、大手メディアではこのような方法が取られるようになりました。 映像制作の外注にかかる費用は、日数の削減と合わせて10万円以下で受注するところも増えており、それにともなって外注が急増しています。テレビの質の問題が問われることが増えてきましたが、こういった外注によって制作費を削減し、最大限面白い映像を作るためにはどうしても外注という方法しか残っていません。メディア業界の映像制作というのは、制作費によってその質が大きく左右されます。

個人でも手軽にできるようになった映像制作

近年パソコンは企業や個人に関わらず広く浸透して来ました。映像制作の場面でも主流となっています。 パソコンがこれほどまでに利用されるようになるまでは映像制作は個人では敷居が高く、8ミリやホームビデオで製作するのが限界で、本格的なものはプロに依頼するのが通常でした。 そして90年代からのパソコンの大ブームや、デジタルビデオ、スマートフォンの復旧により誰でも本格的な映像制作ができるようになりました。そのため動画投稿サイトも大人気です。 また、プロの現場でもデジタル化は進み映像制作はスピード、データー量も上がり、凝ったエフェクトや3DCGなどを容易に導入し、多種多様なコンテンツを提供できるようになりました。 これからも映像制作は進化し、インターネットなどのメディアでももっと利用されるでしょう。

↑ PAGE TOP